純銅オーディオ創作研究所

音楽等、音の発する機器のあり方、 音としてのあり方をどう鳴らす事が出来るのかを試行錯誤して来ました。その中で見えてきたのが銅です。特に拘り持って考えて来たのが物質的な価値に捉われず、音自体の豊かさと表現力だと考え、それで得るものは何かと考えています。いつもご覧頂きましてありがとうございます。

量子オーディオ

こんにちは。

 

おはようございます。

今日のテーマは「量子オーディオ」です。

 

 

 

量子オーディオは僕の勝手な造語なんです。

 

こんな実験をしていますと

電子の謎がたくさん絡んできて

 

銅の塊があるだけじゃないかと

思ってしまいますよね。!

 

そこは

銅ってなんなの?

そこから始まるのでしょうけれど、

 

銅があるから音が変わっていくのじゃなくて

 

銅がある事によって

変わっていく理論があるという事だと

思うんですね。

 

そうは言いたい所なんですが

 

まったく分からない事が多くて

理論云々よりも直感優先で

まずは、先にやってみてるが僕のスタイルなんです。

 

あの構造にして

壁コンセントの後に付け加えただけなのに

音が変わってしまう。

 

同じ電気なのに

そこを通しただけ音が変わってしまう。

 

壁コンセントなんて

特別に改造していない限り

一般住宅のコンセントなんて何処も

だいたい同じようなものと考えてるんだけど

 

ここなんて触っていないコンセントは

ガタガタゆるゆるのコンセントです。

 

でも

 

あれを付けてしまうと

変わってしまうんですから

 

目に見えない所で

何かが起きているんですよね。

 

 

まず効果を知る為には

再生機器や出口のスピーカーである

性能は当然良くないと変化は感じにくい?

 

変化がどこまで続くのか

まったく分からないのですよ。

 

今の電源環境で試している事は

 

主要な部位

あらゆる所に純銅の無垢材を使い

削り出して使うのが僕の基本的な設置になっているので

 

今のこの設置になっているという事が

一番のカギではないか?

 

そう思っちゃうんです。

 

何を言いたいかと言うと

 

 

==================

 

電源に左右される

 

筐体でなる

 

端子で変化を掴む、変化が宿る

(センサー、アンテナ、情報の起点)

 

設置で状況が決まってくる

 

====================

 

僕の

 

 

オーディオ4原則です。

 

この考え方は

何年も前に前のblogでも考えていた事なんですが

 

この流れが

当てはまってきたと言えるのではないしょうか?

 

 

起点と基点

 

 

電荷と電場

 

 

ここが最大の作用を示すのです。

 

 

量子の世界は

僕には難しすぎて説明なんて出来ませんが

 

 

音の体感とて

 

体験として

少しはお伝え出来る所があればいいなと思っています。

 

 

今では

量子コンピューターが実用化されはじめて

更に研究が進むでしょう。

 

この電子のやり取りが

オーディオ機器の動作を

改革する。?

 

電源のみで

ダイナミックレンジが上がるという事実

ここをたくさんの方にお伝えしたいのです。

 

 

量子オーディオ、超伝導オーディオ

そんな世界があってもいいと思います。

 

 

そんな所で

 

 

量子コンピューターの記事がありましたので

 

ここで、シェアさせてください。

よろしくお願いします。

 

 

よろしければご覧くださいませ。

 

量子コンピューターとは一体?

量子論の基礎

 

https://www.hellocybernetics.tech/entry/2017/01/30/071724

 

 

ここに起点という言葉出てくるんですね。

 

 

ありがとうございます。

 

 

以上です。

 

 

今日もご覧頂きありがとうございました。