純銅オーディオ創作研究所

音楽等、音の発する機器のあり方、 音としてのあり方をどう鳴らす事が出来るのかを試行錯誤して来ました。その中で見えてきたのが銅です。特に拘り持って考えて来たのが物質的な価値に捉われず、音自体の豊かさと表現力だと考え、それで得るものは何かと考えています。いつもご覧頂きましてありがとうございます。

高エネルギー電力の世界

 

f:id:dps1dela:20220617122359j:image

 

 

電力として

電力自体の電子を高エネルギー化するという発想

 


純銅電源ボックスを作ってから

理化学研究所を見に行った事が

 


この発想に繋がりました。

 


電力も電子であるので

同じ事をすれば高エネルギーの電子になる。

 


加速器の中心に導線を通すだけの

考え方は単純な構造物なんです。

 

 

 

電源、電力が、

電荷と電場で高エネルギーになるのです。

 

 

 

かなり単純な思考であるのですが

これまで、誰もやる事がなかった

 

 

 

高エネルギー電力化なんです。

 

 

 

普通に単純に考えてみるも

 


高エネルギーであるから

仕事量は増える=何かが起こる

 


と考えると

 


電気を使う機器はどっちに転ぶのか?

 


良い方向になるのか

悪い方向に転ぶのか?

 


そんな事を

僕は考えていたのです。

 

高エネルギーの電子が機器内部でどうなるのか

 

機器の回路をエンジンと例えると

僕も燃えやすい電子と考えたんです。

 


ハイオクガソリン

 

レギュラーガソリン

 

素材でエネルギーは変わっていく

 

軽油はガソリンとは違う使い方、特徴がある事は

ご存知だと思います。

 


その違いみたいな感覚

 

 

 

電子エネルギーが機器の回路内部での

電圧や電流、抵抗や整流、内部配線と

 


数値的な学問その中で

 


高エネルギー電子としての関わりや

役割はどうなるんでしょうか?

 

 

電子を加速してある高エネルギー電子が

バンバン回路を流れるんですよね。

 

高密度化なんです。?

 


電気的な回路作成は苦手な僕は

 

この現象で今までの僕の考えは

完全にひっくり返ってしまったんです。

 

 

電源の概念が変わってしまったんです。

 


この実験によって

電力、電気エネルギーの高エネルギー化という考え方は

 


方向性が出てきたと僕は思っているのです。

 

 

 

分野や趣味が違っても

 


電気が関わる分野において

 


電子である以上

 

 

何かが変わる

 

 

現象がどう変わっていくのか

 

ここって物凄く興味が所あるんです。

 

 

 

ある意味ここって

 

 

誰もが分からない

分野であるって事なんです。‼️

 

 

 

イメージが膨らんできますよね。?

 

 

この現象が

人類とって大きな電気社会の要になると

 

僕は想像しているんです。考えているんです。

 

 


担たる音響機器が

 


このような変化が起きたことで

 


高エネルギー電子、電力が

違う分野での役割があるのではないか?

何が出来るのではないか?

 

 

ホント、他の分野での研究開発も期待している

のです。

 

 

 

この高エネルギー電力、

高エネルギー電子の考え方は

 

 

世界に広げていく必要性があるのです。

 

 

 

 

皆さんに是非知って頂きたいのです。

 

 

一人の電気使う人間として

 

電気、電子ってこんなに不思議な事ばかりで

知らない事がまだまだ沢山あるということ

 

 

より良く使う方法が

まだまだあるんだと知って頂きたのです。

 

 

 

 

#音質改善

#音質

#音

#オーディオ

#ハイエンドオーディオ

#ステレオ

#オーディオアクセサリー

#音が悪い

#音が良い

#低音

#高音質

#ハイレゾ

#電源タップ

#電源ボックス

#純銅

#銅

#高音質

#良い音

#音場が素晴らしい

#電気エネルギー

#位相

#ダイナミックレンジ

#ミドルクラス

#壁コンセント

#コンセント

#オーディオセッティング

#高エネルギー電力

#純銅高エネルギー電源