純銅オーディオ創作研究所

音楽等、音の発する機器のあり方、 音としてのあり方をどう鳴らす事が出来るのかを試行錯誤して来ました。その中で見えてきたのが銅です。特に拘り持って考えて来たのが物質的な価値に捉われず、音自体の豊かさと表現力だと考え、それで得るものは何かと考えています。いつもご覧頂きましてありがとうございます。

何故低域が出ないのか?

長い間こんな趣味をしていますと

低域が出ないと言って

 

長い間言われ続けている

音響機器の特徴でもあると思いますが

 

ダンピングファクターのあるアンプや

大きなスピーカーユニットにしてみたりと

低域の出やすいスピーカーを使ったりと

僕もそんな事がかなり続きました。

 

僕の結論で言うと

 

この原因は電子エネルギーがないことです。

電子自体のエネルギーがない事が大きな原因なのです。

 

 

エネルギーがない事が低域が出ない理由だと考えているんです。

 

 

その理由は

 

 

小音量でも低域が豊に音場を持って透明感を保ち歯切れ良くなってくれるのです。

 

ビックリするのは

テレビの音でさえ

小音量でも素晴らしい低域が含まれているんです。

 

 

高エネルギー電力が持つ特徴でもあると思いますが。

 

今、

トーンコントロールイコライザーを使わずに

聴ていけるのは、高エネルギー電力と

 

位相

 

ずっと同じ機器を使い続けていたことで

機器の特性と電力の関係性を

自分なりに見てこれたことだと考えているんです。

 

機器やシステム構成でお大きな変化がある

オーディオ、音響機器であるからこそ

 

更に変化をもたらすには

 

電気エネルギーが必要であり

電気エネルギーを効率良く使う工夫が

 

今の時代求められているのです。

 

 

 

#音質改善

#音質

#音

#オーディオ

#ハイエンドオーディオ

#ステレオ

#オーディオアクセサリー

#音が悪い

#音が良い

#低音

#高音質

#ハイレゾ

#電源タップ

#電源ボックス

#純銅

#銅

#高音質

#良い音

#音場が素晴らしい

#電気エネルギー

#位相

#ダイナミックレンジ

#ミドルクラス

#壁コンセント

#コンセント

#オーディオセッティング

#高エネルギー

#純銅高エネルギー電源